そばかすを消す方法

働きながら新陳代謝を改善する

シミ・そばかすの改善には、「新陳代謝の改善」が不可欠です。

 

そのためには日々の生活の中で働きかけていくべきですであり
食生活・睡眠時間の確保といったことが、中心となりますが

 

一方で、実際に多くの時間を使っている対象は「仕事」になるはずです。
そのため、この「勤務時間」の使い方は非常に重要なものであると言えますが
その内容というのは、実際には「職種」によっても大きく変わってしまうものと言えます。

 

そして新陳代謝の向上は、肌の調子だけではなく
ダイエットを加速させる等、メリットが多いものでもあります。

 

勤務中の態度で見た目も変わる

 

世の中には様々な仕事がありますが
太りやすい・痩せやすいといった、体重の推移の面で見てみると
自分の普段の仕事での行動を見直すことができます。

 

普段、靴底をすり減らしている営業マンや
肉体労働系の仕事内容の人は体を動かすことが多く
カロリーの消費が多い印象があります。

 

一方、1日中デスクワークをしている人は
ほとんど、カロリーを消費していない印象があります。

 

しかし、「営業マン」というと痩せているイメージがありますが
肉体労働者はがっちりした体型のイメージがありますし
食べないとやっていけない環境だと思います。

 

そして、デスクワークの人は太りやすい印象があります。

 

このように、どの程度のカロリーを摂取して
どの程度消費するかということは、「ダイエット」にも大きく関わってきます。

 

そもそも「運動量」が違う

 

同じ量を食べて仕事をすれば
営業マンよりも肉体労働者の方が痩せるはずです。

 

1日デスクワークをしている人と比べたらよりいっそうです。

 

仕事内容から、痩せやすい(カロリー消費量が多い)順番で考えると

 

デスクワーク<営業回り<肉体労働

 

となり、その仕事をするためのエネルギーが必要な順でも

 

デスクワーク<営業回り<肉体労働

 

となります。

 

もし、これが

 

肉体労働<営業回り<デスクワーク

 

と逆転した状況になった場合には、デスクワークをしている人は太り
肉体労働をしている人は痩せていくはずです。

 

そして、太っている人・痩せている人の違いはそこにあります。

 

可能な限り「ブースト」をかける

 

1日の3分の1は寝ていて、3分の1は仕事をしています。

 

太るか痩せるかの要素は大体が
「起きて」仕事をしている時間で決まってきます。

 

もしも、睡眠時間と食事内容を合わせた場合
太るか痩せるかは仕事中の消費カロリーが、一番の要素になります。

 

しかし、仕事内容は決まっており
ダイエットのために仕事を変える人はいないはずです。

 

新陳代謝を上げるための方法としては

  • 筋トレなどの無酸素運動で筋肉量を増やす
  • サウナやマッサージで老廃物やコリを排除する

 

という方法もありますが、時間がかかってしまいます。

 

そこで、以前も紹介したように
しみ・そばかす対策として販売されているサプリが即効性があります。

 

「用法要領」を守っていれば、非常に心強いアイテムです。

 

こういったものも、どんどん活用していきましょう。

 

これらのサプリの目的は、新陳代謝を活発にさせて
シミやそばかすを押し出すことであるため
当然といえば当然ですが、短期間のうちに新陳代謝を高める効果も見込めます。

 

おしっこが近くなるという副作用もありますが
代謝が悪くなっていて、むくみを感じるという方に一度試して欲しい裏技です。


 
トップ 「フレキュレル」の口コミ