そばかすを消す方法

日焼けには根本的な対処が必要

夏もそろそろ終るという季節には、
警告しておかなければいけないことがたくさんあります。

 

そしてその中でも、最も警戒しなければならないものが「日焼け」であり
そもそも日光は季節関係なく降り注ぐことから、1年中警戒が必要なものでもあります。

 

「目に見えない日焼け」も存在するのです。

 

日焼けは、「軽度の火傷」と同じものと言われており
肌へのダメージは、自分で思っているよりも深刻な場合があります。

 

日焼けは紫外線によって肌が傷つけられたことの、何よりの証拠であり
夏の短期的な紫外線のダメージが、引き起こす肌への害として

  • 日焼けの痕
  • シミ・そばかす

 

という「すぐに見えるもの」と、「後で見えてきてしまうもの」の2種類あります。

 

 

日焼けによる影響は段階に分けて現れる

 

紫外線にダメージを受けた直後の、肌の反応として
まずいわゆる「日焼け痕」と呼ばれる、視覚的な変化が現れます。

 

極度に紫外線を受け続けた次の日くらいに
まず、肌が赤くなってきて「ヒリヒリ」と痛くなってきます。

 

痛みは比較的早くなくなりますが
その後に赤かった患部が茶色っぽく定着します。

 

次第に皮がむけてきて、新しい艶っぽい皮膚が見えてきますが
色素の定着は表皮(一番上の皮)だけでなく
更に奥の下の皮膚にまで浸透しているため、ほとんど色はかわりません。

 

普段肌のケアに気を使っていている人ほど
早く日焼けの色を落としたいと思うはずです。

 

根本的なケアが必要

 

痛みを取るために「冷やしてしまう」人がいますが
血流が悪くなることによって、肌の入れ替わりの新陳代謝が悪くなり
痛みを抑える代わりに、色が落ちるペースが遅くなってしまします。

 

日焼けの痕(色)を、早く白くしたいのであれば
傷つけられていない(焼けていない)皮膚組織を
できるだけ早く表面に押し出してあげましょう。

 

皮膚は何層にも重なっているため
傷つけられた皮膚がいつまでも表面にあるかぎり、肌の色は濃いままです。

 

新陳代謝を早める方法は「運動」であったり
「規則正しい生活」などが挙げられますが
短期的に新陳代謝をよくしたいのであれば
「シミ・そばかす対策用」の飲み薬が有効です。

 

飲んでいる時期は、おしっこが近くなるなど
新陳代謝がよくなっていることが実感できるはずです。

 

日焼けは、短期的な被害と思いがちですが
シミ・そばかすの「リスクが発生した証拠」でもあります。

 

夏の紫外線で最も警戒しなければならないのが
その後に発生する確率が高くなる、「シミ・そばかす」です。

 

紫外線によるメラニンの生成によって、シミ・そばかすが発生してしまうことは
広く知られることですが、すぐに発生することは稀であり
1年(来年)〜数年をかけて、目に見るまで成長していきます。

 

メラニンを発生させない・成長させないための、早めのケアが大切になります。

 

新陳代謝を早めることも必要ですが
まだ見えていないシミ・そばかすに関しては
その元である、メラニンに対するケアが重要になってきます。

 

日焼けをした分、シミ・そばかすの要因も発生しているので
今痛い人も、将来の為にすぐにケアを始めましょう。

 

夏は楽しいだけではなく、その代償ともいうべきリスクも増えます。

 

たくさん楽しんだ後は、しっかりケアもしておきましょう。


 
トップ 「フレキュレル」の口コミ