そばかすを消す方法

先天的な「体質」と後天的な「イベント」

「シミ」と「そばかす」は、同じく色素の沈着という特徴がありながらも
やや傾向が異なるものと言えます。

 

シミが、後天的な要素が大きい一方で
そばかすというのは、先天的な・いわゆる「体質」が大きく影響します。

 

もちろん、基本的には<シミのできやすさ>と
<そばかすのできやすさ>というのは、共通しています。

 

「白人」といった、もともと色素が少ない特徴のある方に
多い・できやすいことは事実であり、「色白」の方の中に
悩んでいる人が多いことは、明らかな傾向でもあります。

 

幼い頃から悩まされていて、さらに<常にできやすい>体質の方は
「日焼け(紫外線)」という<これから増えてしまう>要素に関しても
一般的な肌の方に比べて、より注意すべきと言えます。

 

そして、この色素の沈着の<しやすさ>というのは
先天的な事情に加えて、後天的な事情も影響することになります。


 

基本的には「肌を守るため」にできる

 

ある特定の傾向が見られる<そばかすが多い・できやすい人>ですが
共通していることとして、「肌が弱い」ということが言えます。

 

これは、<必ずしも>というわけではありませんが
そもそもメラニン色素の発生は、肌が傷つくことがきっかけであり
「傷つきやすい」ということは、色素が発生しやすい、ということでもあります。

 

そして、さらにもう1つの鍵となる要素として
やはり「女性ホルモン」という存在は、無視できないものになります。

 

なんでもかんでも「溜め込む」時期がある

 

シミ・そばかすが増える・濃くなるきっかけとして
「妊娠」という女性ならではのイベント
更に「産後」という、一定の期間を挙げることができます。

 

「子供を産む度に増えていく・・・」ということは
経験者ならずとも、ある程度常識と言えます。

 

このタイミングで、体の中でどのような変化が起きているかというと
「妊娠時」には、「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが増えます。

 

排卵後から徐々増え始め、妊娠しない場合には
「生理」をきっかけに減少していくホルモンであり
体に起きる働きで特徴的なものは「溜め込む」というものです。

 

  • 便を溜め込むから便秘になりやすい
  • 脂肪を溜め込むから太りやすい
  • 水分を溜め込むからむくみやすい

 

これは「お母さんになるための準備」でり、仕方がない面もありますが
共通していることは、「新陳代謝の減少」であり
つまり、あきらかにシミ・そばかすが増えやすい時期と言えるのです。

 

そして「妊娠中」というのは、
生理によって、プロゲステロンが減少しないこととなるものであり
その結果というのは、<言わずもがな>と言えます。

 

自然と薄くなることも?

 

もともとあったシミ・そばかすが
濃くなったり・薄くなったりすることは珍しくありません。

 

もちろん、女性ホルモンが影響していることによるものであり
妊娠中に濃くなった色素が、出産後に急激に薄くなることや
妊娠中に変化がなかったとしても、出産後に濃くなるケース等様々です。

 

そばかすと似た特徴を持つものに
「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるものもあり
「ほくろとシミの中間」ほどの濃いケースもあれば
「より濃いそばかす」という印象を受けるものもあります。

 

同じく、女性ホルモンの影響を受けるものであり
シミ・そばかす同様に、対処していくべきと言えます。

 

できてしまったシミ・そばかすには・・・
>>「フレキュレル」の詳細・公式販売ページはこちら


 
トップ 「フレキュレル」の口コミ シミ消し美白クリーム